coeurdalene’s diary

21歳の大学生が日常を見たままに書くブログ。くすって笑ってもらえるとすごく嬉しい。

アメリカ生活も残り3週間弱

こんばんは、coeurdaleneです

 

Coeudalene?ってなんなんだよってなりますよね

正式にはCoeur d’Aleneなのですね

アメリカのアイダホ州にある湖の周りに広がる街の名前なんですけど

そこの景色が綺麗だなと思って頂いたんです

なんかフランス語っぽいなと思って歴史を振り返ると

やっぱりフランス人が錐の人という意味でつけたみたいです

抜け目がないみたいな感じの印象でしょうか

 

と、まあ名前の由来をたらたら話したところで

 

実はもうアメリカ生活が3週間弱で終わってしまうんです

寂しいですね

こっちの友達ともうサッカーできなかったり

飲み行ったりできなかったり

と思うとやっぱり寂しい

 

湿っぽいのは嫌いですから

その話はここら辺にして

 

実は3月上旬?くらいにサッカー部のトライアウト受けて受かって入部できたんですよ

なんかこのサッカー部ってのがすごく政治的というか縁故主義的というか

つまり、内部の上層部とコネがないとトライアウトに受からないみたいなことが言われていまして

それ聞いてたからこっち来てすぐのトライアウトとか秋のやつとかは諦めてたんですけど

やっぱレベル高いとこでサッカーやりたいなとなりまして受けたんです

 

仲良い友達に誘われたってのが一番デカかったんですけどね

 

で、1回目のトライアウトでまあ受かっただろと思ってたら連絡来ず

まじか、落ちたのかと思い込んでたら

メールの送信ミスで次のトライアウトの連絡がこない事件が起こりまして

んで、2回目のトライアウト行けなかったんですね

 

それで向こうのミスだからとりあえず3回目来てよって言ってくれて

 

3回目に行きまして、でも2回目で仲良い友達落とされてて、少し心細いなと思いながら

 

それも受かって

 

4回目4人だけ呼ばれてみんななんか友達がチーム内にいてめっちゃ疎外感あったけど

最初に掲げた通り合格しちゃいました

 

やっぱ定期的な運動がある生活って自分的には割りがあってよかったですね

 

その生活も終わりを迎えまして

 

来週からはテスト週間突入しちゃうんです

 

で、今日ベトナム人のHankからパーティーに誘われてて、それが送別会みたいな感じって言われて呼ばれたのにも関わらず、迎えに来ない事件が只今起こっているんです

僕は怒っているんです

 

テスト前だから割とこの時間こじ開ける努力したってのに

 

まあ時間とか約束守らない人が多い生活に慣れてしまったからいいんですけれども

 

と、書いているうちにHankからお電話頂きました笑

 

4時に来るらしいです

もう無茶苦茶です

今2時です

日本に帰ったら時間を守りたいなと思います笑

 

あ、テストといえば

中間テストで28.5/75点を取ってしまいましたので

一般競争均衡のクラスです

やばいです

 

単位を死ぬ気で取りに行かねばと思いながらもなかなか勉強は進まないものですね

 

なんとかなるだろうでなんとかなってきてしまった人生だったからかもしれません

今回ばかりはなんとかなりません

 

ここでなんか一皮剥けないといけないなーと

 

あと、自分は今まで嗜好というものが曖昧で薄くなんでもいいやという感じでした

 

一般競争均衡の勉強してて、個人の嗜好の式から効用関数に発展させる時、人は明らかに何かと何かを天秤にかけてどっちを嗜好するか選んでるってのに気付いたんです

 

自分と合わせてみると、自分の嗜好はどこの点においても無差別で、何をして、何を食べて、何を着て、誰といて、誰のために生きてってのが決定されるプロセスが欠落してるんじゃないかなって

 

嗜好をはっきりさせることで嫌われたり、誰かとの距離が遠くなったりすることを恐れていたのかもしれません

 

自分らしさを受け入れてくれる人が周りに残って、無理だなと思う人は離れていって

ってのもいいかなと思うようになったり

 

だからこそ、これからは自分の嗜好をはっきりさせていこうと思います

 

とまあなんか

その授業から学んだことズレすぎだろ

だからテストこけるんだよと言われるかと思いますが

こんな感じなんですよ自分は

 

皆さん日本で会えるの楽しみにしてます

adiós